カタチをそのまま共有

 新しい情報共有ツール  

資料請求

カタチをそのまま共有

 新しい情報共有ツール  

お問合せ
ABOUT

カタチスペースについて



あなたが拡散したいと思ったものを用意してください。それを私たちが3Dスキャンし、3Dデータ化して、ウェブブラウザを通じてあなたの目の前にお届けします。スキャンされたデータは、本物そっくりの色、素材感、形状…写真や動画では伝わりきらない物体の【カタチ】を正確に再現します。また、AR表示機能や、SNSを通じた拡散にも対応しているため【カタチ】は手軽に共有・拡散ができます。

EC、広告、美術品の展示や思い出の共有…活用シーンは様々、無限大の可能性が広がります。

新たな時代のクラウド3Dサービス、それが【カタチスペース】です。カタチスペースは、今までのウェブサイトでの表現の常識を打ち破ります。

FEATURES

カタチスペースの特徴

一瞬で表示、ユーザの目をクギづけに

独自のスキャン技術とデータ量削減技術により、wi-fi環境でなくともスムーズに表示ができカスタマーの離脱を防ぎます。

※4G/LTE環境での利用を想定。電波状況により、多少の時間変動が発生します。

画像をクリックするとデモ3Dを表示します

https://katachispace.com/demo/food.html

本物レベルの質感表現

カタチスペースは実寸サイズで素材の質感や細かい縫製まで、緻密に再現します。
指で拡大して細部まで確認できるクオリティで、写真や動画では伝わりきらない細かい点までユーザーが自由に見ることが出来るので、店頭で商品を選ぶような感覚をウェブ上で実現しています。
ARでも表示が出来るので目の前に商品があるような体験ができます。

画像をクリックするとデモ3Dを表示します

撮影技術は不要。アップロードするだけ。

撮影したい商品をディスプレイしたら、撮影からデータ編集、クラウドへのアップロード作業までカタチスペースのスキャン専門スタッフが行います。
作業完了後、カタチ(3Dデータ)表示用URLをご納品しますので、お客様はURLを開くだけで本物そっくりのグラフィックを見ることが出来ます。
データを管理しているクラウドの管理等も不要です。

HOW TO USE

ご利用方法

STEP1

Webサイトに掲載したい商品をご用意ください。スキャン専門スタッフがお伺いし、スキャニング作業を実施。データ修正・アップロードまでを行います。

STEP2

表示用のリンクをお客様へお届けします。リンクを貼り付けるだけなので高度な知識や技術は不要です。

STEP3

ECサイトやプロモーションなど、用途は様々。
PC,モバイルで表示ができ、SNS拡散でカスタマーの目を惹きつけます。また、アクセス解析機能の組み込みで効果測定も可能です。

demonstration

デモンストレーション

想定活用事例①

美術品の展示として

美術品をスキャンし、ウェブ展示としてサイトに掲載。
実際の展示と遜色のないクオリティでユーザーが見たい好きな角度や、至近距離でも眺めることができ作品の魅力を伝えることができます。

また、ワンタッチでAR表示に切り替えることができ、現実世界と組み合わせてまるでそこに存在しているかのような体験が可能です。
体験型のイベントなどにも活用ができ、ユーザーの興味を惹きつけます。

画像をクリックするとデモ3Dを表示します

https://kashika.co.jp/demo/katachidemo/elephant/index.html
想定活用事例②

提案型ディスプレイとして

自社製品を店頭のショーウィンドウに飾るようにディスプレイ。
ディスプレイ全体をスキャンすることで製品のサイズ感や質感、他の製品と組み合わせた提案型ディスプレイの掲示が可能です。

サイズ感や質感を確認できることでユーザーはECで購入する上での不安がなくなり、外出先や休憩の合間など、忙しい中でもショッピングを楽しむことができます。

画像をクリックするとデモ3Dを表示します

想定活用事例①

アパレル系企業の方

自社製品を店頭のショーウィンドウに飾るようにディスプレイ。
カタチスペースでディスプレイ全体をスキャンすることで製品のサイズ感や質感、他の製品と組み合わせた提案型ディスプレイの掲示が可能です。

想定活用事例②

飲食店の方

季節のおすすめメニューをスキャンし、SNSやウェブで拡散。写真では伝わらないリアルな質感

御見積や内容に関するご質問など

お気軽にお問合せください

お問合せ